旅引付と二枚の絵図が伝えるまち~中世日根荘の風景~

日本遺産認定記念シンポジウム

左図:宮内庁書陵部蔵「日根野村・井原村荒野開発絵図」 右図:宮内庁書陵部蔵「日根野村荒野開発絵図」

旅引付と二枚の
絵図が伝えるまち

中世日根荘ひねのしょうの風景

宮内庁書陵部蔵「政基公旅引付」

日本の玄関口、関西国際空港のある泉佐野市には、約800年前、摂政や関白になった上級貴族である五摂家(近衛家・九条家・鷹司家・二条家・一条家)の1つ、九条家の治める「日根荘」とよばれる荘園があり、その範囲は現在の市域すべてに及んでいました。また、16世紀初めに記された九条政基の日記、「政基公旅引付(ひきつけ)」 に描かれる世界は、大木地区の荘園時代以来の農村景観として今も息づき、訪れる人を魅了します。現地に生きる人びとの営みが絶えることなく進化し、維持されてきたこの魅力ある懐かしい風景は、どのようにして作られてきたのでしょうか。その答えの1つが、日根野地区を開発するために描かれた鎌倉時代の二枚の絵図に隠されています。

宮内庁書陵部蔵
「日根野村・井原村荒野開発絵図」
宮内庁書陵部蔵
「日根野村荒野開発絵図」

二枚の荘園絵図

1234年、日根荘が成立します。経営の一番の難題は、広大な未開地の開発でした。1309年、九条家は日根荘の土地調査に着手しますが、その際に作成された二枚の絵図にはきわめて克明に村の水路やため池、寺社などが描かれています。それらは驚くほど現存するものと一致します。


基調講演 第一部

テーマ

世界一わかりやす中世荘園
「日根荘遺跡」と旅引付の世界

© Shinpei Takumi

歴史作家・歴史研究家
多摩大学客員教授

河合 敦

基調講演 第二部

テーマ

中世荘園「日根荘遺跡」を
活かした観光都市-泉佐野

クラブツーリズム株式会社
テーマ旅行部 

顧問黒田 尚嗣

巡回展
日本遺産認定を祝して、りんくうタウンをはじめ、いこらも~る泉佐野などで「日根荘遺跡」などの巡回展を開催します。詳しい日程は、決まり次第公開いたします。

日本遺産シンポジウムプログラム

基調講演 第一部13:20~14:20(予定)

テーマ
世界一わかりやす中世荘園「日根荘遺跡」と旅引付の世界

© Shinpei Takumi

歴史作家・歴史研究家
多摩大学客員教授

河合 敦

日本史に刻まれる「荘園」や「遺跡」を、
堅いイメージではなく、
歴史の意外なエピソードや真実を交えて、
子供から大人まで、
わかりやすく旅引付の魅力を講演します。

河合 敦氏のプロフィール
1965年東京生まれ。早稲田大学大学院博士課程単位取得満期退学(日本史専攻)。
第17回郷土史研究賞優秀賞(新人物往来社)、第6回NTTトーク大賞優秀賞、2018年雑学文庫大賞(啓文堂主催)を受賞。
多摩大学客員教授。早稲田大学で非常勤講師もつとめる。
主な著書に『日本史は逆から学べ!』、『テーマ別で読むと驚くほどよくわかる日本史』、『ニュースがよくわかる日本史 近現代編 』などがある。世界一受けたい授業、news zero(日本テレビ)、ぶっちゃけ寺(テレビ朝日)など、テレビ出演も多数。「ぬけまいる」などNHK時代劇の時代考証も多くてがける。
多方面からわかりやすく歴史の楽しさを伝えている。

アトラクション五社音頭保存会
基調講演 第二部14:45~15:30(予定)

テーマ
中世荘園「日根荘遺跡」を活かした観光都市 泉佐野

クラブツーリズム株式会社
テーマ旅行部 

顧問黒田 尚嗣

「日根荘遺跡」と文化的景観としての価値と、
荘園絵図や「旅引付」に描かれた
500年前の人々のくらしと今や、
中世から受けつかれてきた現在の風景と
魅力の伝え方など、日本遺産を活かした観光と
まちづくりについて講演します。

パネルディスカッション15:45~16:25(予定)

開催場所

エブノ泉の森ホール
小ホール

大阪府泉佐野市市場東1丁目295番地の1

お車でお越しの方

●阪神高速4湾岸線

「泉佐野北出口」を降り、最初の信号を左折。直進後、6つ目の信号「上瓦屋交差点」を右折し、国道26号線(第二阪和国道)に合流後、5つ目の信号「泉佐野市役所前交差点」を左折。「泉佐野北出口」より約10分。

●阪和自動車道

「泉佐野JCT」より関西空港自動車道に入り、「泉佐野IC」で降りる。最初の信号「関西空港口交差点」を右折し、 国道26号線(第二阪和国道)に合流後、6つ目の信号「泉佐野市役所前交差点」を右折。「泉佐野IC」より約10分

電車でお越しの方

●南海本線 泉佐野駅より徒歩約20分●JR阪和線 熊取駅より徒歩約25分●JR阪和線 日根野駅より徒歩約25分

応募受付終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました!